かしこい?ドメイン

投稿:2006/11/14

こんにちは、Fiverworksの沼倉です。


今回は、検索エンジンの「知能」についてお話しします。
(メルマガの解除方法は、最後に書いてあります)


——————————————————————-
■ 無料レポート

ついに、IE7が登場しましたね。このIE7で、もっとも気になる機能がRSS
リーダです。これをIEがデフォルトで装備したことで、これからこのRSS
が大きく注目されてくるかもしれません。


RSSについては、このレポートを読んでみてください。
・「Web2.0」に乗り遅れるその前に!まずは「RSS」これ重要なり!
http://tinyurl.com/wjmv8


RSSというと、すぐにブログを思い浮かべるかもしれませんが、一般的な
Webサイトでも重要になってくるはずです。IE7が普及する前に、準備して
おきましょう。


——————————————————————-
■ 本文

GoogleでもYahooでもそうですが、検索エンジンの「知能」というのはけ
っして、高くありません。


その証拠は、GoogleのAdSenseからもわかります。


AdSenseは、Googleがどのようにサイトのコンテンツをとらえているか、
を表しています。


このAdSenseを貼ってみた方は経験あるかもしれませんが、サイトの主テ
ーマとはまったく別の広告が表示されることがあります(※)。


※これはテーマを読み間違えている場合だけでなく、そのテーマに関する
広告が少ない場合にもこうしたことが起きるようです。


これから推測しても、検索エンジンの「知能」、つまり自然言語処理の部
分はまだまだだな、という印象です。というか、この部分のアルゴリズム
は、まだしばらく出来そうな気がしません。


これはちょっと考えてみても、明らかです。たとえば、今「教育基本法」
というテーマで、朝日・読売・毎日・産経の社説があるとしましょう。こ
れらを検索エンジンは、どう順位づけるでしょうか。


そう、その内容だけで、評価することは人間でもできないですよね。だか
らこそ、検索エンジンが評価するサイトの内的要因は、サイトの内容では
なく、もっと機械的なもの、つまり

・hxタグやstrongで強調されたキーワード
・リンクテキスト
・キーワードの割合
・title、keyword、descriptionの内容

などしかありません。


そして、もう一つ気になるのが、サイトのボリューム。このボリュームに
ついては、現時点ではあまり高く評価していない、のではないかと思いま
す。


ですから、前回紹介した無料レポート、

・1ページで6353円稼ぐ!お手軽ペラペラアフィリエイト
http://tinyurl.com/yekd9n

のような1ページのサイトでも、それなりのキーワードを狙ってSEO対策
をすれば、上位表示は可能でしょう。


後は、外部要因として被リンクだけです。被リンクを増やすためにも、こ
の登録サービスを利用してみてください。

http://seo.fiverworks.com/modules/mt/

PHP版の方がより効果が高いので、できればそちらをおすすめします。


さて、最後まで読んだ方だけにちょっとおもしろい話を。AdSenseには、
「セクションターゲット」というものがありますよね。これをAdSenseを
貼り付けていないサイトでも使ってみたら、どうなるでしょう?


セクションターゲットは、クロールするときには関係ないんでしょうか?


もちろん、実験してみてアカウント削除されても、順位が下がっても責任
は持ちませんが(^^;)。



タグ:
カテゴリー: メールマガジン バックナンバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>