スパム

投稿:2006/11/20

こんにちは、Fiverworksの沼倉です。


今回は、スパムについてお話しします。
(メルマガの解除方法は、最後に書いてあります)


——————————————————————-
■ 無料レポート ■

最近、あまりにも役に立たない、あるいは以前あったレポートのパクリが多いので、今回から「読むだけ、時間のムダ」というレポートも紹介します。

■ 自分のサイト(ブログ)を、グーグル検索に最速で反映させる方法!!
http://mag-zou.com/report_get.php?id=m1000001750&n=m1325957136

これ、Googleサイトマップの作り方を解説しているだけ。seesaaブログをやっていて、サイトマップを作るのは始めて、という方は読んでも良いですが、他の方にとってはただの時間のムダ。

ちなみに、サイトマップを作ったからといって、Googleにすぐにインデックスされるというわけではなくなったように思います。


■ わずか15分の作業で被リンクを無限にGet! 完全無料のSEO対策!
http://mag-zou.com/report_get.php?id=m1000001572&n=m1325957136

オートリンクを紹介しているだけ。オートリンクは、マルチティアのリンクシステム。わざわざこれを読まなくても、下記から登録できます。
http://www.automatic-link.net/

オートリンクは、こちらの http://www.kanamori-shigeki.com
も登録しています。下から登録すると、このサイトの子になります。
http://www.automatic-link.net/regist.php?user=shiraz


上記のようなレポートとは異なり、「こそこそSEOの王道!」というのが下のレポート。

■ 海外発 最新のSEO戦略!世界中で大注目されているリンクベイティングとは?
http://mag-zou.com/report_get.php?id=m1325957105_6&n=m1325957136

評価を上げるナチュラルリンクの集め方について、書いています。そのアイディアが箇条書きされている部分は、プリントして貼っておこうかと思ったほど。でも、まだまだ他にもアイディアがありそう。

——————————————————————-
■ バナーの作り方 ■

検索エンジン無料登録サービスでは、88×31ドットのバナーが必須です。ところが、バナーを作れない、という問い合わせがけっこうあるんですね。


そこで、「1分でわかるバナー作成講座」。
(必要ない方は、スキップ)


1.windowsアクセサリのペイントを起動する

2.[ファイル] − [新規]で新規に作成

3.[変形] − [キャンバスの色とサイズ]を開く。ダイアログが表示されるので、幅を88、高さを31、単位をピクセル、色をカラーに設定する。

4.表示されたキャンバス、つまりバナーに適当に文字やマークを入れる

5.できあがったら、gifファイルで保存


また、登録申請する前には、必ずこのレポートを読んで、SEO対策を施し
ておいてください。

・プロのSEが書いたSEO対策
http://tinyurl.com/euhx2


それと、こちらのリンクはリンク集に貼っている方がいますが、登録するサイトに貼っていないと、エラーになってしまいます。

——————————————————————-
■ 本文

スパムというのは実にビミョーなものです。キーワードをstrongやemタグで囲むというのも、グレーといえばグレーですよね。


どこまでがスパムではなく、どこからがスパム、という線引きも難しいですし、検索エンジンのアルゴリズムが変更になれば、その線自体も変更されかねません。


ですが、すでに一般的になってしまったSEO対策のためのアレンジを、今さらスパムにするということはないと思います。ただ、評価しなくなる、ということは起きるでしょう。


・キーワード比率
有名な、というかスパムになりやすいのは、キーワード比率でしょうか。あるキーワードが文章全体の10%を超えると、スパム認定されることがあります。


普通に文章を書いていれば、同じキーワードが10%を超えることは、まずないはず。というか、もしあったらすんごく読みにくくなります。


・CSS
検索エンジンは、CSSを見ないようです。たとえば、h1タグなんてそのまま使うと、レイアウトが汚くなりますよね。それを、CSSで見栄え良くしても、スパムとは見なされません。


また、CSSで背景色と文字色を同じ色にして、目には見えない文章を書いたとしても、検索エンジンには判断できません。その見えない部分に、キーワードを含む文章を書いて、キーワード比率やコンテンツの量を増やす、としてもおそらくスパムとはならないでしょう。(全体のキーワード比率が増えすぎるとアブナイです)


前回のメルマガでお話ししたように、自然言語処理という点では、検索エンジンはそれほどかしこくありません。ですが、キーワードだけを連呼すると、スパムになります。キーワードの連呼はマズイのですが、それなりの文章になっていれば、スパムとはならないのです。


また、CSSファイルは、ある意味インクルードファイルです。これを利用した手法もあります。驚くことに、こうした手法でどうどうとSEO対策を行う業者


上記の他、フレームやiframeを使う方法、サブドメインを使う方法など、


タグ:
カテゴリー: メールマガジン バックナンバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>