日本語ドメイン名

投稿:2007/06/05
こんにちは、Fiverworksの沼倉です。

こんにちは、Fiverworksの沼倉です。

今回は、いくつかの話題を。
(メルマガの解除方法は、最後に書いてあります)

——————————————————————-
■ 無料レポート ■

・キーワード究極奥義 2007

http://tinyurl.com/34yznh

キーワードアドバイスツールが一般には使えなくなった話、もうすでにご存じ
でしょう。このレポートでは、使えなかったときの対処法についても書かれて
います。

——————————————————————-
■ 本文 ■

まずは、日本語ドメイン名について。

日本語ドメインが話題になっているようですが、このメールマガジンでは、以前

・【ヤフーで1位】狙ったキーワードをヤフーであっさり1位表示させた!
超簡単SEOど素人の方法

という無料レポートを紹介しました。去年のことですが、すでにこの時点で、日
本語ドメインを取得していた方もいるかもしれません。


当方では、これより前から日本語ドメインを持っていましたが、運用し始めたのは
去年の暮れから。確かに、Yahooでは効果ありましたが、Googleではあまり評価され
ないようです。


ただ、日本語ドメインはそれ自体では扱いにくい物です。たとえば、エディタや
メーラーでは対応していないこともあるので、多くはpunycodeという英数字で表現
されたドメイン名を使います。


ところで、このpunycode、たとえば「日本語.jp」なら、「xn--wgv71a119e.jp」と
なります。こんなドメイン名、punycodeを知らない人が見たらどう思うでしょう。


あっやしいですよね。だから、メールアドレスに使うのはどうも気が引けます。
ですので、こちらでもメールアドレスには、別のドメインを使っています。


また、いくらSEO(Yahooのみ)効果があるとはいえ、日本語をサブドメインにまで使
うのはどうでしょう。これを使ったブログ、最近目立ちますよね。


Yahooでは、Webの検索にブログサイトが表示されるのを嫌う傾向があります。その
上、さらに日本語サブドメインのサイトが目立つようだと・・・、おそらく近いう
ち対策してくると思います。


もう一つ、Googleの話題。

Googleからのアンケート依頼が来たので、まあおこずかいももらっているし、答え
てやろうかな、と。なっがいな〜と思いながら、記入していたんですが、年収を記
入するページにいたって、これはちょっとヤバイな、と思って中断しました。


こんな個人情報まで利用されるのはイヤだな、というのはもちろん誰でも感じるこ
とでしょうが、同時にボクはある種の「傲慢さ」というものも感じたのです。


かつて、星の数ほどのソフトウェア会社が、脚光を浴びては、消滅していきました。
消滅の原因は、いろいろあるでしょうが、「傲慢」というのもその大きな一つで
あったように思えるのです。


今回はこのへんで。それでは(^o^)/~~~


——————————————————————-
■ 編集後記 ■

団塊の世代が、リタイヤしてネットでのビジネスに挑戦、という事例が増えている
ようです。こちらにも、ときどき問い合わせがきます。

こういう人たちを相手に、マーケティングからSEO、技術的なことなどをサポート
するビジネスを考えています。



タグ:
カテゴリー: メールマガジン バックナンバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>