楽天の詐欺事件

投稿:2007/06/19
こんにちは、Fiverworksの沼倉です。

今回は、いつものテクニカルな話題ではなく、楽天で起きた詐欺事件について。
(メルマガの解除方法は、最後に書いてあります)


——————————————————————-
■ 本文 ■

すでにご存じの方も多いと思いますが、楽天でけっこう大規模な詐欺事件が起き
ました。現時点では、推定ですが、被害は約2000人(件?)、被害額は1億前後
だろうと言われています。


実は、何とこれにボクもひっかってしまったんです。楽天内のショップだから、
何も考えず注文し、振り込んでしまいました。まあ、ボクの場合は数万の被害
ですが、ノートPCなど10万を越える被害を出した人もいます。


この事件、少なくともまだあまり公になっておらず、朝日・毎日の夕刊に小さな
スペースで記載されただけのようです。


楽天からは、(要約すれば)

・このショップと連絡が取れない
・お金を振り込まないように
・口座とサイトは閉鎖した
・各個人で警察に被害届を出して欲しい

というメールが来ただけ。


楽天の規約では、ショップとの取引には一切関知しないとのこと。確かに、不良
品を送られてきた、という程度だったら、それは個々にやりとりすれば済む話だ
が、今回の事件では出店していたショップが夜逃げしてしまったのだ。


さて、ここで楽天がどういう対処をするか、ボクはとても興味津々で見ている。
この対処を誤れば、大きな痛手になるだろうし、うまくいけばさらに信用を得る
ことができる。


まさに、ピンチはチャンスなり、だ。希望的観測も含めて言えば、被害者に全額
返金すること。そうしないと、これまで築いてきた信用とブランドが地に落ちて
しまうこともありうる。


日本の製品なんぞ安かろう悪かろうと言われた時代、あのSonyはブランドを守る
ため、絶対に安売りはしなかった。ローイスロイスは、砂漠で故障した車をへり
で駆けつけて修理したが、一切修理費を請求しなかった。


そうまでして守ったブランドと信用。それを支えたのが「志」というものだ。
はたして、楽天にその志はあるのか。


こちらでもいくつかショップサイトを運営しているから、この事件でネットショ
ッピングは危険、と思われたら迷惑な話だ。


ちなみに、あのYahooはヤフオクでの「家電ドットコム」事件で、かなりの額を返
金した。楽天の対応次第では、楽天に全然歯が立たなかったYahooショッピングに、
客もショップも移っていく、なんてこともありえる。


楽天も、今週末には回答を出すそうだ。どうなるんだろう、ワクワク(^^)。


今回はこのへんで。それでは(^o^)/~~~


——————————————————————-
■ 編集後記 ■

夜逃げしたのは、「OG商会」というところ。このキーワードで調べて、ブログに
書けば、アクセスを集められるかも。す、少しはSEOのメルマガらしいこと書かな
いと・・・(汗)



タグ:
カテゴリー: メールマガジン バックナンバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>