GoogleAnalytics

投稿:2007/08/03

こんにちは、Fiverworksの沼倉です。

今回は、GoogleAnalyticsについて。
(メルマガの解除方法は、最後に書いてあります)

——————————————————————-
■ 無料レポート ■

・【巨乳アドセンス】私の口座にブチこんで!全114p詳図解アフィリエイト
偏差値30から70へ一気に引き上げます

http://www.free-book.jp/report.php?rp_cd=20118&rf_mb_cd=1089

タイトルはとってもアレだけど、内容はすばらしい。
このメルマガでアフィリエイトものを紹介するのは初めてだと思うけど、
これぐらい出来の良いレポートはほんとまれ。

シーサーブログを使った実例は、とても具体的でかつ実践的な内容。この作者、
相当センスのいい人かもしれない。

ちなみに、このレポートをほとんど紹介しただけという、無料レポートもあった。
逆に言えば、それぐらい出来の良いレポートだということだ。


——————————————————————-
■ 本文 ■

今回はGoogleAnalyticsについて。


Googleは、無料のアクセス解析ツールとして、Analyticsというツールを提供し
ている。非常に高機能なツールなので、使っている方も多いと思う。


そして、このAnalyticsのデータから

  Googleは、サイトの直帰率や閲覧時間も順位の評価に使っている

こういう話を聞いたことがあるかもしれない。しかし、これは本当だろうか。

おかしい。

なぜなら、すべてのサイトがGoogleAnalyticsを導入しているわけではないか
らだ。


では、まったく関係ないか。しかし、それも言い切れない。


Analyticsを導入したサイトの、その直帰率や閲覧時間から、コンテンツの善し
悪しを判断するルールは作れる。その判断が客観的かどうかは別にして、実装は
できるということだ。

それ以外の評価がほとんど同じサイトがあるとしよう。その場合の順位付けに、
このアルゴリズムで判断する、ということは十分に考えられる。


結論。

もし、あなたのサイトがAnalyticsを導入していないなら、この話はどうでもよい。

しかし、導入している、あるいは予定しているなら・・・

1.トラフィックエクスチェンジのように、機械的に短い時間表示して、アクセス
を稼ぐようなものは避けた方がよい。同じ理由で、クリック保証の広告のようなも
のも、その内容をよく検討した方がよい。

2.サイトを訪れた人が、できるだけ長く留まってくれるようなコンテンツにする

を考慮に入れる必要がある。もっとも、2はサイトを作る側にとっては、当然のこ
とだ。


今回はここまで。


タグ:
カテゴリー: メールマガジン バックナンバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>