Yahooダンス?

投稿:2006/10/03

前回は、「相互リンク」をテーマに「辞書的なサイト」と「相互リンクの
依頼」について書きました。これを読んで、すでにサイトを作り始めてい
る方もいるかもしれません。また、辞書的なサイトは「専門的な知識がな
いからできない」という方もいるかもしれません。でも、これは大きな間
違いです。


専門知識なんて、後から付いてくればいいんです。ともかく、やってみる
ことが大切です。ただ大事なことは、「興味があるか」どうかです。こち
らに相互リンクを依頼してきたサイトを見ると、どうも楽しんで作ってい
るようには思えないんですね。けっこう、こういうのって伝わりますから。


興味がない、面白くない、テーマだと作業はかなり苦痛です。時間もかか
るし、疲労感もあるし、達成感もないし・・・。ただ、作っているうちに
興味が湧いてくるときもありますから、最初の印象だけで決めてしまうの
は、ちょっともったいない気がします。


さて、今回のテーマは「Yahooダンス」。Yahooダンスなんて、言葉は始め
て聞いたと思います。そりゃそうです、なんせボクの造語ですから(笑)。


でも、これがかなりやっかいな問題なんです。たとえば、この

http://www.kanamori-shigeki.com/

のサイト。「金森」というキーワードで、yahooで検索した結果、

 2位(5月) -> 2位(6月) -> 90位台(7月)
 -> 60位台(8月) -> 20位台

と順位が変動してきたんです(あまり正確な数字ではありません)。おお
よそ、1ヶ月おきぐらいでしょうか、大きく順位が変わるときがあるんで
す。皆さんは、こんな経験ありませんか。


では、この対処法。ズバリ言うわよ(ワンパターン)。























わかりません!!!(爆)。

yahooのSEつかまえて、聞いてみたいです。

  「どないなっとんねん!」

って。本家(?)のgoogleダンスと似たような原因でしょうか。

※そういえば、googleダンスって最近見かけないような気がします。あっ
ても、ごく短時間なのかもしれません。


検索エンジンは、ユーザのクエリ(問い合わせ)に素早く答えなくてはな
りません。そのため、当然データベースサーバは複数必要になります。と
ころが、こうして分散すると、今度はデータの同期化(同じデータにする
こと)が大変になります。


以前、プラント関連で、「1000万点の部品を管理する」という仕事に関連
したことがあります。一口に1000万といいますが、この同期化はホントに
大変。エンジニアリングで使うデータは、3Dや2Dを含め、とても複雑です
から。ですので、リアルタイムに同期化するのは無理で、夜中にバッチで
更新するしかありませんでした。


これが、検索エンジンではどうかというと、さらに膨大なデータを扱わな
くてはならないでしょう。おそらく、他のSEには想像もできないようなデ
ータ量だと思います。


この同期化だけが、Yahooダンスの原因ではないかもしれません。ですが、
ほぼ定期的に起きているようなので、ちょっとアヤシイな、と思っていま
す。

※まさか、解決方法はovertureを使えってことじゃないですよね。


さて、今回の紹介する無料レポートは2つ。どちらもyahoo対策に有効と
書いています。


1.【脱法SEO】本当は教えたくない、サイトキーワードを一瞬で100倍にす
る方法
http://tinyurl.com/nwz8u

これは、英語圏ではけっこう知られたテクニック。ただ、日本語の環境で
はうまくいかない場合もあります。効果は、けっこう高いと思います。


2.【ヤフーで1位】狙ったキーワードをヤフーであっさり1位表示させた!
超簡単SEOど素人の方法
http://tinyurl.com/pqvo5

これは、IE7になったら大きく影響するかもしれません。今回のSEO対策と
は、無関係の手法ですが、この方法、早い者勝ちです。ボクもこの手法は
知っていたので、1つは持っています。



■ 次号予告
次号では、またまた被リンクの話。これにからんで、現在進めているプロ
ジェクトを紹介できるかもしれません。これは、win-win-winの関係を築け
るもの。ご期待ください。



タグ:
カテゴリー: メールマガジン バックナンバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>