キーワード

投稿:2006/10/13

前回は、Yahoo(YST)の順位変動について書きました。次のレポートは、
前回紹介したもので、どちらもYahooに有効とあります。

1.【脱法SEO】本当は教えたくない、サイトキーワードを一瞬で100倍にす
る方法
http://tinyurl.com/nwz8u

この手法は、エンコーディングに関わるので、xoopsを使っているとかな
り難しいです。それがなければ簡単ですから、実施してみてもいいでしょ
う。

2.【ヤフーで1位】狙ったキーワードをヤフーであっさり1位表示させた!
超簡単SEOど素人の方法
http://tinyurl.com/pqvo5

これは、いつまで有効か???ですが、簡単な方法です。



さて、今回は「被リンク」の予定でしたが、「キーワード」に変更します。
というのも、当社のSEO対策ツールを利用された方とメールや電話でやり
とりした結果、「キーワードの重要性」について認識が甘いな、と強く感
じたからなんです。


キーワードは、SEO対策的にはもちろん、マーケティングでもとても重要
なポイントなのです。いえ、逆に言えばそれを理解しないで、SEO対策や
マーケティングするのは本末転倒なのです。


そこで、今回は予定を変更して「キーワード」についてお話しします。今
回もノウハウを出し惜しみなくオープンしますので、お付き合いください。


ボクが書いた無料レポート、

・プロのSEが書いたSEO対策対策
 http://tinyurl.com/euhx2

でも、当社のSEO対策のコンサルティング
でも、キーワードについては、最初にふれています。これは、とりもなお
さず、キーワードがとても重要だからです。ところが、SEO対策できるキ
ーワードは、2つあるいは3つぐらいが限度です。


  SEO対策できるキーワードは、2つあるいは3つぐらいが限度です


あまりに重要なことなので、2回書いてみました。たとえば、このサイト、

http://www.kanamori-shigeki.com/

「金森」、「FAXDM」、「通販大家」では、けっこう上位に表示されます。
しかし、このサイトの大きなテーマの一つである「不動産投資」では、
Googleで60番台。これでは、このキーワードでは、だれも来てくれません。


金森さんの不動産投資のノウハウは、とても素晴らしいものです(だから
提携しているのです)。ですが、このキーワードでSEO対策しようとした
ら、ボクなら不動産投資だけのサイトを別に作るでしょう。


とはいえ、不動産投資では、ライバルがとても強力です。このSEO対策は、
かなりハードルが高いと言えます。しかも、もし順位が上がっても、その
順位を保つのは、けっこう大変だと思います。


では、どうするか。そう、複合キーワードを使って、もっとニッチなニー
ズに応えればいいわけです。マーケティング的には、「USP」なんていい
ますね。


たとえば、金森さんのノウハウは「サラリーマンでもできる」という点も
メリットです。そこで、サイトのタイトルを

 サラリーマンでもできる不動産投資

としたとします。これで、「サラリーマン 不動産投資」のSEO対策なら、
それほど難しくはないと思います。


でも、これで本当に良いと思いますか。


そう、一番のポイントは

 サイトに来て欲しい人は、本当にそのキーワードで検索するか

です。実際のサラリーマンが、「サラリーマン」と入力してくれるでしょ
うか。


サイトを作る側は、サービスやモノを売ろうとして、そのタイトルを付け
ます。ところが、そのタイトルと、買う側がどんなキーワードで探すのか
とは、どうしてもずれてしまいます。


タイトルは、SEO対策において超一等地。ここはキーワードを含めて作る
わけですが、顧客の立場に立って考える必要があります。このあたりが、
キーワード選びの難しいところ。キーワードアドバイスツールだけでは、
どうにもならない問題です。


あなたのサイト、本当にそのタイトルでいいですか。そのサイトに来て欲
しい人は、どんなキーワードで検索するでしょう? このあたりよ〜〜〜
く考える必要があるのです。




■ 次号予告
次号のテーマは、たぶん(^^;)「被リンク」です。



タグ:
カテゴリー: メールマガジン バックナンバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>