サイトマップその2


前回のメルマガでは、Googleサイトマップを作ると「Googleの●●」が
見えてくる、という話をしました。


すでに、皆さんはサイトマップを作っていると思いますが、まだの方は下の
レポートを参考に作ってみてください。

・クニ店長のシーサー(Seesaa)ブログ 徹底カスタマイズ!!
http://tinyurl.com/o2p7p

・【初心者必見】Google Site Mapを普通のHPに導入する方法(Flash動画
レポート)
http://tinyurl.com/llhae

・【ケースケ的!】お手軽無料でアクセスアップ!!Seesaaブログでも
Googleサイトマップを使う方法!!
http://tinyurl.com/rrpfl


さて、このサイトマップ、作ってから3週間ほど経つと、「統計」が表示
できるようになります。そしてその中に、「クエリに関する情報」という
メニューがありますから、それを表示してみます。


すると、左側に「上位の検索クエリ」が表示されます。これを見ると、と
きどき自分では意識していないようなキーワードで、検索結果の上位にな
ったりすることがあります。


以前のメルマガで、当方で作ったサイトが「ほとんど」というキーワード
で1ページに入ったという話をしたことがあります。このキーワードは、
まったく意識していなかったものです。


なぜ、これが上位に表示されたのか(ちなみに、この検索結果は6千万を
超えています)。そう考えているうちに、そう、気づいたんです。Google
では


descriptionの内容が評価され、語の位置が関係する


と。もう少し、詳しく説明しましょう。metaタグの中の「description」
の内容をGoogleは評価するようです。ですから、その中に適当にキーワー
ドを入れることは大事なことです。


そして、もう一つ大事なのが「語の位置」。Googleはおそらく、自然言語
処理の基本である形態素解析をしていると思いますが、どうもその後に
「文中の語の位置」からもキーワードを評価しているようです。


たとえば、「東京」をキーワードにしたい、とします。

1.東京は、日本の首都である。
2.日本の首都は、東京である。

どちらも文意は同じですが、1の方がSEO的には有利になるだろうと、想
像できます。これは、主語がどれか、という点よりも文頭に来た方のキー
ワードの評価を高くしているのではないかと思います。


というわけで、今回の結論。descriptionにはキーワードを入れること、
そして目的のキーワードはできるだけ先頭にすること。


結局、このサイトマップからはGoogleの「クセ」が見えてきます。結果か
ら原因を推理することを「逆問題」といいますが、より正確に推理するに
は「たくさんの結果」が必要です。このサイトマップによって、Googleは
図らずもそのアルゴリズムの一端を覗かせてしまったようです。


今回の話、ほとんどの方はまだ気づいていないと思います。気づいていた
としても、単なる当て推量でしかないと思われます。


というわけで、ぜひともサイトマップは作ってください。そして、できれ
ばそれをときどき眺めてみると良いでしょう。面白いものが見えてくるか
もしれません。


余談:
サイトマップですが、ボクは一度作ったら後はそのまま。サイト構成を変
えたからといって、わざわざサイトマップまで変更したりはしません。特
に影響はないと思っています。


次回の予定は「被リンク」。これは、SEOにおいて最重要のテーマです。


タグ:
カテゴリー: メールマガジン バックナンバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>