ドメイン


前回のメルマガでは、形態素解析の話をしましたが、どうにもわかりにく
くなってしまったようです。形態素解析とは、ウィキペディアの定義では、


計算機を用いた自然言語処理の基礎技術のひとつで、自然言語で書かれた
文を形態素(Morpheme, おおまかにいえば、言語で意味を持つ最小単位)の
列に分割し、品詞を見分ける作業。


となっています。1つの文を、名詞や動詞など品詞の要素に分けるわけで
す。こうした技術を使って文を処理するので、単語(キーワード)を羅列
したりすると、スパムと見なされてしまいます。


もちろん、これは本文だけでなく、imgのalt属性の中も同様ですから、で
きるだけ自然な文章にする必要があります。


もうひとつ「ドメイン」について。Webでビジネスするには、何はともあ
れ「ドメイン名」が必要です。これがないのは、まわしを付けずに土俵に
上がるようなもの。話になりません。


ボクが使っているのは、value-domain.com(http://www.value-domain.com/)。
ここでは、.comなどのドメインは年間1000円程度で入手できます。その上
で、サイトを作るときは、できるだけ、


  フォルダを使わずに、サブドメイン(ホスト名)を使う


ようにしてください。たとえば、abc.comというドメインを持ったら、

http://www.abc.com/xyz/

ではなく、

http://xyz.abc.com/

というように、サブドメイン(xyz)を使った方が良いのです。なぜか。
これは、検索エンジンができるだけ「サイト全体」を見ようとするからで
す。この傾向は、特にYSTに見受けられます。

※Googleではどちらもほぼ等価なようです。ただ、当方のSEO対策ツール
(http://seo.fiverworks.com/modules/stt/)を利用する上では、サブド
メインを利用することをすすめています。


このため、ページ単位やフォルダ単位でのSEO対策は、YSTではやりにくい
ようです。特に新規のサイトでは。サブドメインを使うと、相互リンクも
受けやすいので、おすすめです。

※このようなSEO対策が、YSTでやりにくくなったのには、どうやら裏の理由
があるようです。まっ、あそこも営利企業ですからね。


■ サイトマップ
Googleサイトマップについて、次の無料レポートでは、サイトマップビル
ダーの説明が書かれています。


・アクセスアップに効く秘薬 その2
http://tinyurl.com/ldmb4


このレポート、サイトマップの作り方しか書いていないのに、こんなタイ
トル。どこが「秘薬」なの、なんでアクセスアップになるの。どなたか、
教えて欲しいです。


ちなみに、ボクはサイトマップビルダーは、スタンドアロンで動作するソ
フト(フリー)をダウンロードして使っています。こっちの方が、便利だ
と思いますが。


■ お知らせ
今回の話とからめたわけではありませんが、SEO対策のサイトを、

http://seo.fiverworks.com/

に作りました。ここのSEO対策は・・・・・ 



これからです(^^;)。


次回の予定は「被リンク」(たぶん)。これは、SEOにおいて最重要のテーマです。

タグ:
カテゴリー: メールマガジン バックナンバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>